サロン・ド・ミューズ 

第2回コンサート
​出演者募集

器楽奏者のためのセミ・リサイタル形式の演奏会

Salon de Muse Concert は、
バレエピアニスト・歌曲伴奏者の高島登美枝が企画する、
器楽奏者のためのセミリサイタル形式のジョイント・コンサート。

 

アクセスの良い都心のホールで、

一人の持ち時間30分という、
贅沢な企画をお届けいたします。

 

ソロ活動をなさっている方は個人リサイタルへのステップボードとして、
日頃伴奏や指導中心に活動されている音楽家のみなさまには
ご自身が主役として輝く場として、ご活用いただいております。

満席御礼!

日時: 2019年4月17日(水) ソワレ公演(開演時間はプログラムにより決定)

場所: 日暮里サニーホール コンサートサロン(日暮里駅徒歩2分)

​募集: 音大生・卒業生、又は同等の実力を有する器楽奏者5組

音楽家による音楽家のためのコンサート

通常のジョイント・コンサートの持ち時間は10-15分。Salon de Muse Concertは持ち時間30分ですから、20分を越えるソナタ全楽章やツィクルスも余裕をもって演奏できます。もちろん小曲を自由に組み合わせることも可能です。日頃の研鑽を披露する場として、ソロ・リサイタルへのステップボードとして、この機会をぜひご活用ください。

​長い曲が演奏可能

Salon de Muse Concert の出演者は最大でも5名。通常のジョイント・コンサートのように、7-8名の出演者が短時間で目まぐるしく交代することもなく、お客様に演奏者一人一人の個性や世界観をじっくりとお楽しみいただけます。ジョイント・コンサートの概念を超越した、もはやセミ・リサイタルと呼べる贅沢なひとときです。

​出演者の個性が光る

Salon de Muse Concert は、演奏家として自立を目指す音大生・卒業生のための演奏活動の場として、ピアニスト・高島登美枝(東京藝大大学院博士課程在学、昭和音楽大学講師)がプロデュースする企画。「サステイナブル(持続可能)な」演奏活動を応援するため、負荷の少ない出演条件を設定いたしました。

​持続可能な演奏活動

演奏活動による社会貢献の実現

​国連食糧計画WFPへの募金総額
​100万円突破の実績

Salon de Muse Concert 第1回公演より

Fl:南圭那子 
Pf:工藤槙子 

バートン作曲《フルートとピアノのためのソナチネ》

Sonatine for Flute and Piano E. Burton

​出演者の声

まとまった演奏時間をいただけたのは、大変な反面、大げさかもしれませんが、「なぜ自分がピアノをやっているのかを考え直すとてもよい機会であったと思います。

そしてそれを自分の愛する人たちに見てもらうことで、自己満足・自己完結に終わることのない芸術本来の意味を追求できるということを実感しました。

Pf. 三好和子

久しぶりのソロでしたが、大変良い経験をさせていただきました。

​今回の選曲は決して難曲ではありませんでしたが、学生の頃より楽しんで弾けたことが少し自信になった気がします。

Pf. 古川伶

プロデュサーよりメッセージ

こんにちは。ピアニスト・音楽学研究者・スタジオかのん共同代表の高島登美枝です。


音楽を専門的に学んだ人ならだれでも、音楽を職業とすることは憧れであり、夢なのではないでしょうか。

しかし、現実問題として、音大で学んだことを仕事につなげ自立するためにはどうすればよいのか、

途方にくれているみなさんも多いのではないかと思います。

私は、早稲田大学法学部を卒業後、子どものころからの夢を諦めきれず音楽の道に進み、

バレエや声楽の伴奏・音楽大学非常勤講師・ピアノ教室経営によって経済的自立を達成してまいりました。
人生半ばを過ぎたこともあり、これまで自分が培ったノウハウをシェアする場として、
「サロン・ド・ミューズ」を立ち上げ、セミナーやカウンセリング、コンサルティングなどを通じて、

音楽家として人生を歩もうとする方々のお手伝いを行っております。
 
本ページでご案内している器楽奏者のための演奏会「Salon de Muse Concert」も、

そうした音楽家支援の一環にあたります。
この演奏会は、音楽家としての一歩を踏み出した方が
日頃の研鑽の成果を世に問う場として企画いたしました。

 ・ソロ・リサイタル開催へのワン・ステップ

 ・集客の練習機会

 ・セルフ・プロデュースを工夫するきっかけ


…としてご活用いただきたいという思いから、1組の持ち時間を30分といたしました。
会場は、交通至便な都心の駅近。

地方の音楽家が出演なさる場合の便宜も考慮して、上野・東京駅にも近い立地を選びました。


「Salon de Muse Concert」は、音楽家のプロデュースだからこそ可能な、出演者ファーストの企画。
ソロで演奏活動をされている方はもちろん、

私のように伴奏でお仕事をされている方、ピアノ指導者の方にもぜひ、ご参加いただきたいと願っております。
 

ピアニスト 高島登美枝

早稲田大学法学部卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了(大学院アカンサス賞受賞)。現在、同大学院博士課程に在学中。
 

早大在学中より演奏活動を開始し、声楽伴奏を中心に活動を展開。鶴見大学女声合唱団や国技館5000人の第九、フィオレンツァ・コッソット声楽マスタークラス('94、イタリア・ガルダ)、岡田事務所、オペラサロン・トナカイなどで活躍。
​ 
近年は、バレエピアニストとして、都内主要バレエ団で伴奏を務める他、各種メソッドの特色に精通したピアニストとして、来日講師・ダンサーからの信頼も厚い。
大学院では、19世紀オペラハウス芸術(オペラとバレエ)について、音楽学のみならず、舞踊学・社会学・歴史学・文学的視点も加味した学際的アプローチからの研究を行っている。

昭和音楽大学非常勤講師、同大学附属音楽・バレエ教室講師、スターダンサーズ・バレエ団ピアニスト、日本演奏連盟会員、日本音楽学会会員、舞踊学会会員。

出演お申込み

満席御礼!

下記リンクより募集要項をダウンロードし、申込書に必要事項を記入の上、 郵送またはメール添付にてお申し込みください。 

【申込書郵送先】

〒110-0012 
東京都台東区竜泉1-27-6-502 

スタジオかのん サロン・ド・ミューズ係


​【メール添付の場合】

tomietakashima★gmail.com(★を@に変えてご送信ください)

 

お問い合わせ

Salon de Muse および姉妹企画である ARTS & HEARTS PROJECT に関するご質問は

下記メールフォームよりお気軽にお問合せください(*は必須項目です)。
 

Copyright © 2018  by Tomie TAKASHIMA.
All rights reserved.

​お問合せpianoasakusa★gmail.com 
​                   ★を@に変えてください